マイナンバーは収集代行サービスを利用する

国民一人一人に割り当てられたマイナンバーは企業が収集し、管理をする必要があります。


税金の計算に使われたり、扶養関係の処理に使われたり、企業が管理する重要な番号です。



マイナンバーは個別の番号なので、それが外部に漏れてしまうと大変なことになります。企業は、情報が外部に漏れないために対策をする必要があります。


大企業であればしっかりとした対策が可能ですが、中小企業の場合は対策が疎かになりがりです。
ちょっとしたことで番号が外部に流出してしまう可能性があります。そうならないためにも厳重な管理が必要になりますが、そこでおすすめなのが収集代行サービスです。

All Aboutに関するお悩み解決にはこちらです。

運送会社や他の企業がマイナンバーの管理をするサービスのことですが、中小企業が独自に管理するよりも安全です。

独自のシステム内で番号を管理することになるため、絶対に外部に流出することはありません。

また問い合わせにも迅速な対応が可能で、在籍する従業員の名前と氏名などを伝えれば、数分以内に従業員の番号を調べることが出来ます。収集代行にかかる費用ですが、これは従業員の数によります。

従業員の数が多ければ、それだけ費用が必要になりますし、管理も複雑になるからです。

マイナンバーの収集代行の情報探しはこのサイトから初めてください。

外部の企業に管理を任せるのは心配だと感じる人がいますが、その心配は不要です。
収集代行サービス内では独自のシステムで管理をします。

そのシステム上であれば、社会保険の手続きから書類の提出までスムーズに行うことが出来ます。